So-net無料ブログ作成

ブリタニカ草稿(最終稿)第4節 [読解シリーズ]

【形相的還元】

○経験は、事実性から本質(形相)へ普遍的に移行できる

○事実・経験を一例として、それを叩き台に、自由にそれを想像により変更していく

○理論的なまなざしが、その中の不変のものに目を向けると、アプリオリな領域が現れる

○すると、必然的な「本質」が浮かび上がり、全ての人を貫いている「本質」を観て取ることができる

○物体知覚の現象学とは、一つの事例的な知覚についての報告ではなく、それなしには物体の知覚が考えられないような「不変な知覚の構造体系」を明らかにすることである

例えば、「音の知覚」の「本質」を取得するとは、ありとあらゆる「音の知覚の例」を遂行、想像(変化)し、その中のどれにも共通する不変的な構造を洞察することである。それを言語により確定すると、その記述はどの「音の知覚」にも当てはまるはずである。

○現象学的還元が、内的経験という「現象」への通路を作り出すとすれば、現象学的還元に基礎づけられた「形相的還元」は、心理的領野の不変な本質形態への通路を作り出す

現象学的還元(超越論的還元)は、超越物をエポケーして、一切を主観内の超越論的な構造をもつ「現象」として扱うことである。

形相的還元は、現象の中の個別の事実性(各事例)から、共通する本質を観て取る、共通する本質へ還元する、ことである。
「事実から本質へ」が形相的還元(あるいは本質直観)である。
それにより、事例的なものでなく、普遍的な考察が可能になる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。