So-net無料ブログ作成

ブリタニカ草稿(最終稿)第13節 [読解シリーズ]

【事実学の基礎づけと経験についての現象学】

○「経験的な事実」に関する学問でも、自己と関係するものとして、超越論的に解明していく方法は有効である

○実証的、経験的な科学は、アプリオリな学問による方法的な基礎付けを必要とする

○全ての経験科学について、成立基盤の危機から解放されるためには、現象学的な基礎づけが要求される

○事実についての純正な学問の形態は、「現象学的な事実学」である

○それは、形相的現象学(本質学)を基礎とする、事実的な超越論的間主観性についての学問(事実が経験的、間主観的に証示されていく構造の解明)である

○従って、形相的現象学の後から、事実的現象学の理念が理解され正当化される

○実証科学が形相的現象学により基礎づけられるなら、事実的現象学は実証科学と同一である

「本質」とは、理念であり、知であり、無時間的であり、永遠である。
「事実」とは、偶然であり、個別性であり、時間の中にあり変化する、主に経験的なものである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。