So-net無料ブログ作成

独我論問題 [哲学問題]

「他我論」で理解してもらえる思いますが、「独我論問題」というのは基本的にはありません。

「事物」が知覚による超越としての「確信」であるように、「他我」も知覚による超越としての「確信」でしかありません。従って、「他我」も確信の度合いがあり、錯覚もあるということです。

近くの人と遠くの人、声と合成音、テレビの人やCG、アニメなどについて考えればわかる通りです。

自我が「内在」的な知覚、体験として疑いえないものであるのに対し、他我は「超越」的な知覚、体験として疑わしさが残るものです。

「客観視点」に立って、「他我」は証明できない、というような論理はそもそも背理です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問・資格(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。