So-net無料ブログ作成
検索選択

ブリタニカ草稿(最終稿)第6節 [読解シリーズ]

【デカルトの超越論的動機とロックの心理学主義】

○現象学的心理学は、超越論的現象学の前段階として役立つ

○超越論的現象学の歴史は、デカルト、ロック、バークリ、ヒュームなどに遡る

○デカルトの「全ての実在や世界は、我々の表象内容として、思念された世界、明証的世界としてあるに過ぎない」という認識、これは第一哲学を指導する

○ここには問題はあっても、超越論的問題に向かう動機があった

○デカルトの懐疑や「我思う」は、超越論的主観性の把握に導いた

○ロックは、内的経験に基づく心理学によって心理学主義を基礎づけた

○心理学主義は、原理的な矛盾が克服されることで、心理学主義がもつ超越論的な核に果肉が与えられる

心理学主義とは、数学や論理も心理的に生み出されたものとして扱い、客観的な理念を否定する立場。

○主観的なものというのは、二義性(心理学的、超越論的)をもち、それは同時に平行するのであり、このことを理解することで心理学は純正な哲学に接近する

このことについては以降の節を参照。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。